トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の6件の記事

マダラカゲロウの亜成虫

筏場の川にはカゲロウ類が非常に多くて、夏になるとフタスジモンカゲロウの群舞(上がったり下がったりするだけですが)?が多く見られます。
この時期ではまだ他のカゲロウが主役ですが、小型のカゲロウに混じって写真のような大型の物を見つけました。
マダラゲロウ(5月7日写真掲載)の亜成虫かと思います。

Pict3016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筏バンドニュース

Photo_8 「筏バンド」のブログにしては、ここ暫くバンドのイベントがないのでニュースにならない状態が続いています。
そこで昨日の練習風景をアップしようとしたところ、今日予定のお客さん(外国のエライ人他1件)についての打ち合わせが入ったとのことで1名脱落!
Photo_9 仕方なく古い写真でも載せようかと思います。
芸能際の風景と農協のお祭り風景はバックに看板を背負っているのですぐ判りますが、もう一枚は国民宿舎でのサービスです。
「筏バンド」はアマチュアバンドで、6人中5人は農業です。順次素顔を出していこうと思います。Photo_10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トビゲラの雌雄確認

5月5日アップの「トビゲラ・・・」は「クマゲラス」さん投稿の雌雄に間違いないようです。写真では白斑は確認できませんが脚の色・形から雌雄は間違えありません。

ヨツメトビケラ(トビケラ目(毛翅目)フトヒゲトビケラ科)のように見えますね。雄は白斑があり、雌はないことが多いそうです。

昼間から変な写真を申し訳ありません。521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筏場のカワゲラ

1カワゲラは「きれいな水」の指標生物で約160種数以上いるとのことですが、ここ筏場の川では私が確認できたのは2種です。
5月にはもっと大型の幼虫を見つけましたが、写真は3月に水中から石に這い上がり成虫となっていったものです。
2 34_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シジュウカラの巣はポスト

Photo_7

シジュウカラが今年も巣作りに帰ってきました。

平成15年5月に玄関先の郵便ポストがシジュウカラと苔で占領されてしかたなく、

新しいポストを買い求めて玄関の反対側に設置し、占領されたポストには「使用禁止」の張り紙をしました。(添付写真)

小鳥たちが巣立った後、使う予定のなくなったポストですが掃除をして於いたところ!

16年5月、再び巣作りのためシジュウカラにポストを占領されました。

来た時と同じように断りもなかったのですが、小鳥たちは元気に飛び立っていきました。

後に残った苔のベッドがなぜか寂しげでした。

去年と同じようにポストを掃除したところ!

2日程経った日に、又、ポストの下に苔が落ちていました。

次のペアーが、待っていたかのように命巣作りを始めたのです。

前のペアーはポストの回りに苔を落とすことは無かったのですが今度は下手なカップルです。

そして今年、5月17日(今までより半月以上遅く=今年は寒いから?)またポストを借りにシジュウカラがやってきました。

そしてポストの下を苔で汚し出しました。

今年は私の時間にも余裕ができたので、ゆっくり観察とハッキリ写真を撮りたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

筏場の川

Photo_3

筏バンドの名前の由来でもある山葵栽培で有名な筏場は伊豆半島中央天城山の北側にあります。

そこを流れる川は非常にきれいで、きれいな水質の指標生物でもあるヒラタカゲロウが生息します。

その他のカゲロウの種類も豊富ですPhoto_5 Photo_6

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »