« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の4件の記事

バンド演奏予定と蝶

Photo_33 8月4日に萬城の滝で「夕べのコンサート」があり、筏バンドも演奏をします。持ち時間は60分位です。
演奏曲をリストアップしていたら、庭に黄蝶が飛んできました。
黄蝶の黒い紋のある・なし等区分があるようですが、この蝶は羽を広げると黒い紋がありました。
ところで、山葵の上には5~6月スジグロシロチョウが大量発生していました。
その幼虫が育ち山葵の食害は写真の通りです。Photo_34

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑な猪鹿蝶

最近、人間が生活範囲を山中に広げた訳でもないのに山中から迷惑なものがやってきます。
それは花札では喜ばれる猪鹿蝶です。
①猪による田畑の食害
②スジクロシロチョウの幼虫による山葵の葉の食害
③鹿による山葵の葉の食害や蹄による山葵の損害
一昔前は「山中のあそこで鹿を見たよ」とか「猪の足跡を見たよ」とか珍しかったのですが、今は家の庭で見ることができるようになりました。庭の百合の根も猪に食べられました。
写真のように沢山の花を付けてくれて大事にしていたのですが・・・
今年はもう咲きません。芽もでませんでした。
共存共栄のなんと難しいことか
Photo_32

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水生生物調査

Photo_31 去年と同じ場所の水生生物調査を行いました。
去年はカゲロウ類が多く見つかったのに今年は殆どいません。
水中の小石は白くフワフワしたものに覆われて、これではカゲロウの棲む場所が無い状態です。
その変わり、ヒゲナガカワトビケラの数が多く見つかりました。これは去年居なかったものです。
巣の数がトビゲラの数に較べてかなり少ないことから最近上流から流れてきたものでしょう。
ヒルの数が非常に増えていました。せめて去年の水質まで戻したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠笛

相変わらず梅雨空が続いています。戸棚の奧から篠笛が1本(呼び方が?)でてきました。Photo_30
奥さんの父親が生前吹いていた(お祭り好きでした)もので懐かしく音を出してみました。
指の穴は6穴あり7音音階で(古来の篠笛は5音音階?)、息の吹き加減でオクターブの変化が可能です。
私の今の力量でもCの音から約2オクターブ(後少しは可能)が出せるので早速筏バンドで取り入れたいと思います。
tunerで音を検査すると単純の指使い(穴を順番に開閉)では音程が若干狂うようです。
演奏法等判らない今となってはtunerと睨めっこで指使いを練習するしかありません。
どこかに師匠がいないかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »