« 蜘蛛の目 | トップページ | やままゆ »

久々の川の中

秋も深まり大分寒さが増してきました。
カワゲラの成虫(この種は年間通しているようです)が飛び交うなか、夏より小型になりましたがまだカゲロウも飛んでいます。
飛んでいるのは尾が2本の種類なのでヒラタカゲロウかもしれません。そこで、川に入ってヒラタカゲロウの幼虫を捕まえてみましたが翅の伸びていないものばかりでした。
写真は同倍率(横幅2センチ弱)ですが成虫と幼虫の大きさが釣り合わない気がします。幼虫の翅が伸びていないことからも別の種類でしょうか?
一緒にカワゲラの幼虫も捕まえましたが夏よりも個体が多いようです。
箱根の石原さんにヒントを頂いた「葉脈が残った落ち葉」(=水生昆虫が作った)を探しましたが短時間だったためか見つかりませんでした。(以前にこの川で見た記憶はあります)
(写真は左から最近飛んでいるカゲロウの成虫、ヒラタカゲロウの幼虫、カワゲラ)
Photo_68 Photo_69 Photo_70

|

« 蜘蛛の目 | トップページ | やままゆ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/12817718

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の川の中:

« 蜘蛛の目 | トップページ | やままゆ »