« 久々の川の中 | トップページ | 天城湯ヶ島でバンド演奏 »

やままゆ

22日の夕方から、「やままゆ」の成虫が勝手場の窓に張り付いたまま寒さのため飛び立てずに逗留を続けていましたが、
25日には久しぶりの太陽が顔を出して暖気を吸収したのか次の朝にはいなくなっていました。
ところが今朝(28日)、玄関のガラス戸に張り付いているのを見つけ早速前に来たものと比較しましたが別の個体のようです。
最初のものは左側の羽に少し切れ目がありますが、今日のものは切れ目がなく模様もよく見ると違っています。付近にかなりの数がいるのでしょうか?
三つ葉ツツジの木に移して太陽の光を十分与えてやりました。
この繭からとれる糸は最高級の絹糸だそうです。1124 1129

|

« 久々の川の中 | トップページ | 天城湯ヶ島でバンド演奏 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/12867696

この記事へのトラックバック一覧です: やままゆ:

« 久々の川の中 | トップページ | 天城湯ヶ島でバンド演奏 »