« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の6件の記事

温泉から見る富士山

私の家の近くに今年3月で老朽化のため閉鎖した「中伊豆荘」という国民宿舎がありました。
その後温泉のみ再開し、日帰り温泉としてリピーターが大勢楽しんでいます。(温泉の名前は「満天の湯」です)
他よりも体が温まるので、私も週2回程度湯ったりさせてもらっています。
場所は旧中伊豆町の「冷川」からスカイラインを少し走った(私は旧道を走る)山の中にあり、展望のすこぶる良い所です。
天城山ハイク・遠笠山ハイク・ゴルフ等の帰りに立ち寄る方も大勢います。
春の桜・山草・から始まりセミ・クワガタ・紅葉等目や耳を楽しませてくれますが、この時期は富士山がきれいです。
お酒でほんのりするように夕日でだんだんと赤くなる富士山が、ピークに達すると(夕日が沈んだとき)急に青ざめて夕闇の中に溶けていきます。そのころは遠くの町が一つの固まりとなって点在する銀河のように見えます。ぼつぼつ家に帰って晩酌の時間です。
Photo_76

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まだ水生生物は元気です

夏になれば体長(尾を除く)約2センチになるカミムラカワゲラですが今はその半分です。
今日のモデルは足が1本足りませんでした。こぶし大の石に張り付いていたのですが大きい石ならいざしらず渓流の勢いでゴロゴロ動き回る石に張り付いていたのでは怪我をして手足の1本2本無くなるのは当然かもしれません。
カゲロウでも手足の不足しているのはよく見かけます。安全管理者がいれば叱られるところです。
そのカゲロウも個体が小さいものばかりになり体長1センチ足らずです。午後2時頃舞踊会を催しているところを撮しました。Photo_74 Photo_75

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修理中のカメラ復活

愛用のデジカメが故障して記録写真もさることながらブログにアップする写真も撮れません。
誰かが適当な写真を持っていないかと探したところ10月21日の伊豆市文化祭の写真が手に入りました。
当日演奏しているときにフラッシュが幾つか光ったのを見ているのですが、舞台からは客席が暗くて誰が撮ってくれたのか確認できませんでした。
今回入手したのは文化協会の方が撮ったものです。
ところで(2週間待ちましたが)、修理中のカメラが戻ってきました。
電池のホルダー不良(@700)で交換とのことですが総金額13,860円掛かってしまいました。
ハンダ付け?くらいのことならもっとシッカリして欲しいものだと思いましたが、これでブログも復活できます。

Photo_73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA祭りでバンド演奏

自分たちの演奏する写真はお客様のご厚意で入手するしかありませんが、12月3日に開かれた「JA伊豆の国」の産業際の写真が手に入りました。

この日は天城湯ヶ島での演奏を終えてから駆けつけましたが、天城湯ヶ島での時間が遅れたため会場に到着したときは既に舞台上が明け渡されており慌ただしい準備となりました。
それでもどうにか予定時刻の5分前にはスタンバイが完了し、演奏を無事終えることができました。
今回はシャクハチのおに゛いさんが急用のため欠席でした。

その後「筏バンド」の面々は地元に戻り、ポイ捨ての空き缶拾いを地元の人と行いました。
殆どが通行車両から投げられたものですが、同じ場所にまとまって落ちているのは少しは罪の意識があるのでしょうかJa1 Ja2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コバルトブルーの羽蟻

12月2日から愛用のデジカメはメーカーに入院中です。年内中には退院するものと思います。
写真はその前に撮った物です。
家の庭でコバルトブルーに光りながらヨタヨタと歩いている虫を見つけました。
形は触覚が少し太めの他は羽蟻そのものです。可愛そうな事に左側の羽が折れ曲がっていて飛び立てそうにありませんでした。
写真だけ撮らせてもらいそのまま放置しましたが蟻なら越冬して来年会えるかもしれません。
家の回りに居ることの多くなった最近、手近で珍しい生き物を(私が知らなかっただけかもしれませんが)発見することが多くなりました。1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天城湯ヶ島でバンド演奏

12月3日に、伊豆市市山で天城レクレィションまつり「ずねゃあじゃ天城!」が開かれました。
地域活性化を目的に有志で立ち上げたお祭りで、今年が第一回目です。
私たち「筏バンド」も、和太鼓・一輪車クラブ・手品・ダンス等他の演芸に混じって参加しました。
屋外では模擬店の他にウォーキング・ミニバスツアーなどがあり、「天城を守る会」のみなさんの案内による紅葉まっただ中の天城山ふもとの散策がありました。
他に室内では多種の展示物が出展され、盛大な賑わいで来年は更に充実しそうに感じました。

Photo_71 Photo_72

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »