« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の5件の記事

大見川上流の水生生物

2008112f252f102ff0141310_23384883_2 伊豆半島大見川上流で撮影した、きれいな水に住む水生生物の写真をA4プリントサイズ2枚にまとめてあります。誰でもご自由にお使いください。「oomigawa-3.pdf」をダウンロード (770キロバイト)
筏バンドのホームページhttp://ikada.o.oo7.jp(ニフティー内)に移動しました。2014年11月

|

田文連芸能際

カメラの修理が終わるまで投稿のネタがないので今日は他のグループの写真紹介です。
いずれも2月4日、田方文化協会連合会での演奏です。
当日、私は1階観客席最上段の非常口誘導(非常時の誘導)を担当していたので、そこから撮ったものです。
この日は民謡からサンバ・ジャズダンス他と多彩なグループが参加し、盛大に終了しました。
終了後の2月18,19日はこの連合会の研修旅行が行われ私も参加してきました。
袋田の滝~偕楽園~筑波宇宙センター他と回りましたが、宴会・二次会と芸(能?)人揃いで楽しい思い出となりました。Photo_86 Photo_87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フサオナシカワゲラ

酷使しているつもりはないのですが、またカメラが故障しました。
水生生物は春の羽化に向けて今が一番変化に富み写真が撮りたい時です・・・
それなのに、12月に修理したばかりのカメラが同様のトラブルで使用できなくなりました。
今マクロ撮影できるのはこのカメラしかありません。修理が間に合うかヒヤヒヤです。
故障の前日に撮った写真があります。
フサオナシカワゲラで山地の細流から河川などの泥が堆積した場所に生息する種族です。
体長は10mm前後でゴミ?でできたカーテンのような服をまとっています。前胸にリボンみたいな糸状のエラがあるのですぐ見分けられます。
コカクツツトビゲラと並んで山葵を食害すると言われますが・・・
できれば嫌われ者にしたくない愛嬌のある格好です。

Pict0574 Pict0582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キタカミトビゲラとカワゲラ

暖冬のせいか山葵の花がまだ咲き誇りません。
家の庭では毎年12月には花を見せる水仙が一旦伸びた芽を止めて辺りをうかがっているようです。
芽をだしたもののまだ冬が来ないと思っているのでしょうか?
陽気が暖かいので川に入るのも楽です。水生昆虫は今から初夏にかけてが大型化して面白さがますのですが・・・・
毎年自然観察会は子供の夏休みに当てるので若干時期遅れの感じがします。
今だと、湧水近くに住むキタカミトビゲラの活発に動く姿が観察されます。(写真左側です)
ヒロバネアミメカワゲラだと思いますが体長(尾とヒゲを除いて)27mmのものがいました。(写真右側です)これから蛹の写真が撮れると思い楽しみです。羽化のタイミングに遭遇できれば最高の感激ですが

Photo_84 Photo_85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化協会イベントで演奏

今日は「田方文化協会連合会」のイベントに参加してきました。
私は会場係で朝のスタートから全終了までの張り付きとなりましたが、おかげさまで全ての出し物を見ることができました。
ところで、イベントがあるたびごとブログに掲載しようと思うのですが、自分たちの写真はなかなか集まりません。
フラッシュの光るのは見えるのですが、誰が撮ってくれたか判らないため回収できないのでいつも写真がありません。
今日は楽屋の人に頼んで、横から撮ってもらったものを掲載します。
横からだと焦点が定まらず全体にピントの合った写真は難しいのですが、普通と違う写真が撮れました。
幕の開く直前の光景と、演奏中の舞台裏からの(客席が一部見える)写真です。
記事に載せた写真以外のものは写真集「バンドの写真」に後日載せます。
Pict0321 Pict0334

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »