« 文化協会イベントで演奏 | トップページ | フサオナシカワゲラ »

キタカミトビゲラとカワゲラ

暖冬のせいか山葵の花がまだ咲き誇りません。
家の庭では毎年12月には花を見せる水仙が一旦伸びた芽を止めて辺りをうかがっているようです。
芽をだしたもののまだ冬が来ないと思っているのでしょうか?
陽気が暖かいので川に入るのも楽です。水生昆虫は今から初夏にかけてが大型化して面白さがますのですが・・・・
毎年自然観察会は子供の夏休みに当てるので若干時期遅れの感じがします。
今だと、湧水近くに住むキタカミトビゲラの活発に動く姿が観察されます。(写真左側です)
ヒロバネアミメカワゲラだと思いますが体長(尾とヒゲを除いて)27mmのものがいました。(写真右側です)これから蛹の写真が撮れると思い楽しみです。羽化のタイミングに遭遇できれば最高の感激ですが

Photo_84 Photo_85

|

« 文化協会イベントで演奏 | トップページ | フサオナシカワゲラ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/13865859

この記事へのトラックバック一覧です: キタカミトビゲラとカワゲラ:

« 文化協会イベントで演奏 | トップページ | フサオナシカワゲラ »