« ヒメフタオカゲロウ | トップページ | 鹿の芸術 »

トラタニガワカゲロウ

最近天候不順で川へ入らないので10日前のネタです。
もう大きい(終齢幼虫)ヒラタカゲロウは羽化した後のようで殆ど見つかりません。マダラカゲロウも個体数が激減しています。気が付けばカワゲラの類も目に付かなくなりました。みんな空に逃げたようです。

そんな川で新たに見つかったのはトラタニガワカゲロウ(=マダラタニガワカゲロウ)だと思います。
体長は8ミリ程度で、体色は写真の通り淡色です。瀬の石をひっくり返したら逃げ場を失って張り付いているのを見つけました。写真はそれぞれ別の個体です。
まだまだ上手く逃げている川虫達が多くいると思いますが、私も両生類のごとくボツボツ陸上も探ろうと思います。

4120936 4130992

|

« ヒメフタオカゲロウ | トップページ | 鹿の芸術 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒメフタオカゲロウ | トップページ | 鹿の芸術 »