« キタガミトビケラ | トップページ | トビイロカゲロウ »

クロタニガワカゲロウの成虫

春のお彼岸の頃から、白や黄色又はヒョウ柄、他にもシジミのような蝶が飛ぶのを見かけるようになりました。
大見川の源流近くに架かる橋の上ではクロタニガワカゲロウの郡飛がみられます。
他の(例えばフタスジモンカゲロウ=夏)カゲロウと違ってエレベーターのように上下する飛び方が少なく、横あるいはホバーリング状態の時があるので試しにカメラを向けました。
何枚か撮りましたが焦点や構図の納得いく写真とはならず腕の磨きどころです。デジカメではピントとシャッターのタイムラグが問題です。
水辺の石の上にはクロタニガワカゲロウの亜成虫が羽を休めていました。止まっているものならどうにか納得のいく写真になります。
水生生物が水中から上がる(夏にかけての)これからは川が寂しくなり始めますが、幼虫と成虫との関係が判らないものも多いので興味津々の時期です。

3260571 3230493

|

« キタガミトビケラ | トップページ | トビイロカゲロウ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/14494797

この記事へのトラックバック一覧です: クロタニガワカゲロウの成虫:

« キタガミトビケラ | トップページ | トビイロカゲロウ »