« 天城山のマメ桜再生会議 | トップページ | ヤママユガ »

プラナリア

体長約2センチの(この種としては大型?)ウズムシを見つけました。
色が茶色で型も大きかったので最初はヒルかと思ったのですがよく見ると目があるので判りました。
最近カゲロウ主体に追いかけ回していたので感覚も鈍っていたのでしょうが、久しぶりにウズムシを見たので回りを漁るとかなりの数がいるようです。
子供達にはウズムシという呼び方よりもプラナリアの方が通用するようですが何か私たちの判らないところ(アニメ?)で出演でもしているのでしょうか?
ある子供は「切っても切っても再生するんだよ」と鼻高々に話していました。
冬は有性生殖、夏は分裂して増えていくそうですが、顔が半分ちぎれたものが元気に這っていました。
分裂の途中なのか、再生の途中なのか観ている時間が足りませんでした。3302771 Pict0428

|

« 天城山のマメ桜再生会議 | トップページ | ヤママユガ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/15539296

この記事へのトラックバック一覧です: プラナリア:

« 天城山のマメ桜再生会議 | トップページ | ヤママユガ »