« プラナリア | トップページ | フタスジモンカゲロウの脱皮 »

ヤママユガ

畑の中約1アールを防虫ネットで囲い、ウスタビガとヤママユガの飼育を行っている谷道輝夫(添付写真撮影)さんという方がおります。
ヤママユ蛾の写真をメールで送っていただいたので紹介します。

六月も中旬になりいよいよ繭つくりの時期です。家蚕もこのころが春繭の時期でしょうか。
ウスタビガがこの種の中では早いほうで、ヤママユ蛾は遅れること一週間ぐらいと思っていますが、気の早いものは繭を作り始めました。
 ウスタビガの繭は、まだ出口をふさぎきっていません。ヤママユ蛾のほうも未完成、中が透けて見えています。
写真はフラッシュをたいたので中の幼虫は見えませんが・・・
 ヤママユ終齢になると、幼虫の上下の色が若葉色と緑に分かれるようになります。

私の川虫コレクションは家でよく馬鹿にされますが、蛾の中には蝶よりもきれいなものもいて飼育の気持ちが判るような気がします。Photo_91 Photo_92 Photo_93

|

« プラナリア | トップページ | フタスジモンカゲロウの脱皮 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/15593160

この記事へのトラックバック一覧です: ヤママユガ:

« プラナリア | トップページ | フタスジモンカゲロウの脱皮 »