« ヤママユガ | トップページ | 皮子平マメ桜群の再生 »

フタスジモンカゲロウの脱皮

昨日の朝からフタスジモンカゲロウの亜成虫が農具小屋の窓ガラスに止まって動こうとしません。
カゲロウは不完全変態で亜成虫の課程をもつ唯一の昆虫です。脱皮するところを写真に収めようと時々覗いているのですが、・・・・・
今朝覗くと背中が少し白いような感じがします。取り敢えず朝ご飯を食べようと30分離れた間にみごと脱皮が終了していました。脱ぐ瞬間の写真は撮れませんでしたが乳白色の羽から透明の力強い羽に変わっていました。
成虫になると飲まず食わずとなり数時間(種類によっては水のみ摂って数日)の命しかないのでこの梅雨空が恨めしくも思えます。Pict0496

|

« ヤママユガ | トップページ | 皮子平マメ桜群の再生 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/15648063

この記事へのトラックバック一覧です: フタスジモンカゲロウの脱皮:

« ヤママユガ | トップページ | 皮子平マメ桜群の再生 »