« ジャコウアゲハが蛹になった | トップページ | シロタニガワカゲロウとヘビトンボ »

天城山の自然を守り育てる会

10月10日、「皮子平マメザクラ保護協議会」メンバーで8月に設置した鹿の防護柵とモニタリングしているマメザクラの樹勢調査に行ってきました。
今までは、鹿の被害や酸性雨などについて重点的に調査してきましたが、マメザクラについては害虫被害も視点に入れる必要がありそうです。詳細は添付pdfファイルに示します。「2007-10-10.pdf」をダウンロード
この日は、更に山奥に入り広範囲の調査も行い険しい道のりで汗だくでした。美しいものにはトゲがあると言われますが、これは毒のあるツキヨダケと毒草です。Pict1365 Pict1360

|

« ジャコウアゲハが蛹になった | トップページ | シロタニガワカゲロウとヘビトンボ »

天城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/16739644

この記事へのトラックバック一覧です: 天城山の自然を守り育てる会:

« ジャコウアゲハが蛹になった | トップページ | シロタニガワカゲロウとヘビトンボ »