« シロタニガワカゲロウとヘビトンボ | トップページ | ヒラタカゲロウの水中羽化 »

キタキチョウとエイリアン

ブログへアップロードする順番が独断と偏見で時間軸から外れてしまうことがありますが、これもその一つです。

夏のある日キタキチョウ(旧キチョウ)の幼虫を食草である「ねむの木」で六匹ほど見つけました。小さいときは透き通るような緑で写真に撮っても判りにくいと思い後日撮ることにしました。
半月ほど経ってから覗くと大きくなった青虫が一匹のみで他は蛹も見つかりません。なんとエイリアン出現です。周りには「ホウネンタワラバチ」の繭が風に吹かれてゆれていました。

最終的にモンキチョウは一匹も蛹になれず、全てエイリアンに体を乗っ取られてしまいました。自然界は恐ろしいものです。Pict1230 Pict1231

|

« シロタニガワカゲロウとヘビトンボ | トップページ | ヒラタカゲロウの水中羽化 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/16826386

この記事へのトラックバック一覧です: キタキチョウとエイリアン:

« シロタニガワカゲロウとヘビトンボ | トップページ | ヒラタカゲロウの水中羽化 »