« 天城山の自然を守り育てる会 | トップページ | キタカミトビケラ »

ヒラタカゲロウの水中羽化-2

カメラを持って川を散策していたらエルモンヒラタカゲロウの羽化するところを見つけました。つい最近撮影したものとは亜成虫の顔立ちが違うようですが???。水中で羽化が始まってから5分も経たず空高く舞い上がっていきました。それにしても幼虫時代とはとても似つかない顔立ちになります。
最近の夕方、夏より少ない数ですが川の上で群飛が見られます。彼らでしょうか?
数が少ないので捕まえて確認するのも気の毒です。0711043_2 Pict1687_2 Pict1688

エルモンヒラタカゲロウとタニヒラタカゲロウの幼虫は特徴が凄く似ていて、区分はエラの斑点の形で見分けます。といっても個体差もあり幼虫で見分けるのは非常に難しいようです。
エルモン・・・は1年2回、タニ・・・は春のみの羽化といわれていますから、この時期に羽化するのは専らエルモン・・・のようです。
カゲロウは水中で蛹を経ずに直接羽化しますが、この羽化の間は動くこともできず捕食者から格好の餌食にされてしまいます。

|

« 天城山の自然を守り育てる会 | トップページ | キタカミトビケラ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/17096285

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラタカゲロウの水中羽化-2:

« 天城山の自然を守り育てる会 | トップページ | キタカミトビケラ »