« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の7件の記事

トウゴウカワゲラ

少し前まではトウゴウカワゲラが賑やかだったのですが今日(820日)はなかなか見つかりません。

辺りの石には何匹もの脱殻が風に吹かれながら張り付いています。我も我もと一斉に飛び立ったものでしょう。

夏の終わりは幾つになっても寂しさを感じます。

 まだ秋に飛び立つカゲロウなどが忙しそうに動き回っていますが、これから寒くなるのにつれて天下を取るキタカミトビケラの雄姿をみるのが今からの楽しみです。(昨年の秋は個体数が少なかったのですが・・・)Pict0154 Pict0172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムカシトンボのヤゴ

川を散策中真っ黒なものを(一瞬ヤゴとは思わなかった)見つけました。網の水を切ってみるとどうもヤゴらしいと思い記念撮影をパチリ・・・、撮影後帰ってもらいました。
 トンボの先生(鈴木さん)にメールを送り、なんとムカシトンボの幼虫だと判明しました。羽化1ヶ月前に上陸、4月中旬~下旬に羽化と推測されるとのことです。近くに天敵のニホントカゲが我が者顔で動き回っていましたが、7~8年も幼虫で過ごしやっと空へ飛び出そうと言う時にこいつに食われる運の悪い奴もいるそうです。産卵は川から少し離れたフキやウバユリ茎等だそうです。Pict0169 Pict0166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キタキチョウ

Pict0018 Pict0053 キチョウとキタキチョウの見分け方が判らないのですが、これはキタキチョウでしょうか?

庭に生えている去年と同じネムノキにまたラグビーボールのような白い卵が産み付けられました。去年はホウネンタワラバチに体を乗っ取られ飛び立つことができなかったのですが、今年は無事4頭が飛び立ち、その後生まれた青二才がまだ6匹付いています。

羽化する前の日から辺りをキタキチョウが飛び交っているなと思っていたのですが、どうも♀が羽化するところを待っていた♂だったようです。これが自然界の営みでしょうが酷だと感ずるのは私だけ?・・・Pict0108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエノヒラタカゲロウ

修理中のカメラが戻ってきました。早速近くの(いつもの)川へ試し撮りに行きましたが、あれだけ降っていた雨がピタリと降らなくなって2ケ月、水量もかなり減りました。水量の増減が激しくて、山の保水力の低下を感じます。

 試し撮りということで、ウエノヒラタカゲロウをゲットしたところで家に戻りました。彼らは4月と8月頃に羽化すると思いますが、その進行中でしょう二種類の容姿を見つけました。

 エラは動かしていない(動かせない)と思うのですが写真写りが鮮明ではありませんでした。それとも微妙に振動していてシャッター速度が間に合わないなんてことはないですよねPict0063 Pict0060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月度マメザクラの調査

86日にコンパクトなデジカメを持って皮子平のマメザクラ調査に行ってきました。帰ってきたらこのカメラもレンズトラブルで修理行きとなりましたが・・・愛用のカメラは修理が終わったとの連絡が入りましたので近々届くでしょう。

サクラの木には新しくコスカシバが産卵したと思われる樹液の噴出がかなりありました。幼虫が小さいからでしょうか?何れも糞粒が含まれていません。写真のように白く紐状(直径2mm)のものが幾つもあり、持ち帰って拡大してみましたが透明な高粘着物質だけでした。何でしょうか? 拡大した写真も紹介します。

コスカシバのフェロモントラップ効果を期待しているのですが・・・・

 今回はマメザクラの実生を8本見つけました。上手く育ってくれると良いのですが・・・Cimg1236

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオヤマトンボ

003 726日、大仁にある農場周辺の観察会を一般公募で行いました。私はカメラが故障中なので同行した鈴木さん(トンボの専門)にデータをメールで頂きました。イトトンボの種類は春よりも大分減っていましたが、その代わり大型のものが出ていてコフキトンボの異色型(帯トンボ型)なども見ることができました。他にはギンヤンマ、コシアキトンボ、ネキトンボなどに混じってチョウトンボ(非常に逃げるのがうまい)やオオヤマトンボなど楽しむことができました。

 オオヤマトンボ(写真)は一見オニヤンマみたいですが金属光沢が非常にきれいなトンボです。脱殻の写真も送っていただきました。

私のカメラの修理はあと一週間ほどかかるそうです。モデルたちが目の前でダンスをしているようで憂鬱な日々です。004 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天城山の鹿被害

カメラの修理が終わるまではネタを小出しにするしかないのです。水生生物は暫く遠のきそうです。

最近中学校で伊豆半島の鹿(被害)について行った講演が新聞の画像として残っていたのでピックアップしてみました。

新聞記事は私の講演とは若干異なった解釈で記載されていますが概ねそんなところで、今まで食わないとされていたハンゴンソウを食べたり、大木となったアセビに攻撃(皮剥ぎ)を仕掛けた様子が散見されます。(写真)

6日に、調査のために皮子平へ登ります。カメラが間に合えば良いのですが・・・Pict4223 Pict3763

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »