« 天城山の鹿被害 | トップページ | 8月度マメザクラの調査 »

オオヤマトンボ

003 726日、大仁にある農場周辺の観察会を一般公募で行いました。私はカメラが故障中なので同行した鈴木さん(トンボの専門)にデータをメールで頂きました。イトトンボの種類は春よりも大分減っていましたが、その代わり大型のものが出ていてコフキトンボの異色型(帯トンボ型)なども見ることができました。他にはギンヤンマ、コシアキトンボ、ネキトンボなどに混じってチョウトンボ(非常に逃げるのがうまい)やオオヤマトンボなど楽しむことができました。

 オオヤマトンボ(写真)は一見オニヤンマみたいですが金属光沢が非常にきれいなトンボです。脱殻の写真も送っていただきました。

私のカメラの修理はあと一週間ほどかかるそうです。モデルたちが目の前でダンスをしているようで憂鬱な日々です。004 Photo

|

« 天城山の鹿被害 | トップページ | 8月度マメザクラの調査 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/42096206

この記事へのトラックバック一覧です: オオヤマトンボ:

« 天城山の鹿被害 | トップページ | 8月度マメザクラの調査 »