« ゲンジボタルの幼虫 | トップページ | アサマイチモンジ »

皮子平マメザクラの再生に向けて

Pict0481 昨日は天城山皮子平のマメザクラを調査にいってきました。途中でメスグロヒョウモンの夫婦を見つけました。

Pict0495 皮子平では里山に較べて成長の遅いのが気にはなりますが、設置してある鹿の防護柵内では順調に草や木が伸びています。

Pict0489_2 Pict0506 近くでマメザクラの実生数本を新たに見つけました。しかし前回見つけたものも含め芽を食べられた跡があります。鹿の仕業でしょうか?。枯れたマメザクラと実生との世代をつなぐ木の無いのはこうして間引きされた結果でしょう。気象~土質も枯渇の原因からまだ除けませんが・・・

モニターしているマメザクラは更に枯れ方が進んでいますが、現在はコスカシバの出す樹脂や糞は見えません。フェロモントラップの効果が出ているのかと思います。

|

« ゲンジボタルの幼虫 | トップページ | アサマイチモンジ »

天城山」カテゴリの記事

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/42459304

この記事へのトラックバック一覧です: 皮子平マメザクラの再生に向けて:

« ゲンジボタルの幼虫 | トップページ | アサマイチモンジ »