« トウゴウカワゲラ | トップページ | マコモにイチモンジセセリの幼虫 »

クロコノマチョウ

Pict0311 Pict0207 Pict0034 クロコノマチョウは北上するチョウの一種ですが・・・

毎年、萬城の滝で行われる「いきものふれあい観察会」で案内をしている時、茅を食べているクロコノマチョウの幼虫を見つけました。一匹を追跡した訳ではないので蛹化等にかかる時間は判りませんが、各ステージの写真を撮ることができました。他の場所からも多数見つかったのでかなり一般的に繁殖しているものと思われます。

卵から孵った幼虫は暫くの間は列車のように並んで生活?しているようです。食欲が旺盛で大きくなると茅の葉を渡り歩きます。蛹化前は約5センチまで育ちました。鮮やかな黄緑色の美しい蛹が枯れ葉色の成虫になるとは想像もつきません。茅に吊り下がってそのまま蛹になるのもいれば、移動して蛹になる(方が多い)ものもいます。一週間強で羽化するようですが羽化前日には蛹が透けて中に翅の模様のようなものが見えます。Pict0190 Pict0302

|

« トウゴウカワゲラ | トップページ | マコモにイチモンジセセリの幼虫 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/42343656

この記事へのトラックバック一覧です: クロコノマチョウ:

« トウゴウカワゲラ | トップページ | マコモにイチモンジセセリの幼虫 »