« キタガミトビケラの宇宙遊泳 | トップページ | 皮子平のマメザクラ鉢上げ »

チビマルヒゲナガハナノミ

Pict2052 Pict2064 チビマルヒゲナガハナノミは渓流にすむ5mm程の小さなヒラタドロムシです。背中に4本の隆起線があるのが特徴です。

3月12日掲載のヒメマルヒラタドロムシと同じ石に張り付いていました。見つけた場所は山中の水が湧きだして間もない小さな流れの中で、石についている化石を取り出すような感じです。鎧を着ているようで硬そうな感じですが、この幼虫も力を入れて掴むと潰してしまいそうです。

成虫になってしまうとヒラタドロムシと同じような形の甲虫になりますが、幼虫の形からハナノミという名がついているのでしょうか?ヒラタドロムシの仲間です。

|

« キタガミトビケラの宇宙遊泳 | トップページ | 皮子平のマメザクラ鉢上げ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

このムシを見ても、
水生生物の楽しさ、不思議さがわかるような気がします。
三葉虫ってこんな感じじゃなかったでしょうか。カブトガニにも似ているような。
「伊豆半島大見川上流で撮影した、きれいな水に住む水生生物の写真2枚」も拝見しました。
不思議な魅力に富むフォルムー現代のカンブリア紀でしょうか。
おかげで、こんな世界にふれることができました。

投稿: grassmonblue | 2009年3月28日 (土) 19時06分

コメントをありがとうございます。
(人間)世界から忘れられたような世界ですが一生懸命生きている世界があることに何時も感動しています。

投稿: 和さん | 2009年3月28日 (土) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/44487275

この記事へのトラックバック一覧です: チビマルヒゲナガハナノミ:

« キタガミトビケラの宇宙遊泳 | トップページ | 皮子平のマメザクラ鉢上げ »