« 天城山皮子平今年のマメザクラ | トップページ | 庭のサカハチチョウ »

天城山皮子平のオシダ生き残り

Pict2785 Pict2797 5月11日、天城山皮子平のマメザクラ群再生協議会メンバーでモニター樹の点検と、幼虫が樹皮下に潜入して樹勢を衰えさせるコスカシバ(蛾)のフェロモントラップ取替え(昨年設置して効果があった)、鹿から実生を保護するための柵を設置しに行ってきました。

群生していたオシダの衰退も何度となく話題にしていますが、写真のオシダは皮子平の遊歩道脇にあるもので、生き残っているのを2007年に見つけました。鹿に食べられないように枯れ木で覆ったところ昨年に続いて今年も芽をだしました。私たちが行なった作業一連の優等生です。一方、茅が枯れてから生え出したハンゴンソウ(キク科)は鹿が食べないとされますが食痕がありました。今なら餌にする草は沢山あるので若い鹿が興味で食べたのでしょうか?

|

« 天城山皮子平今年のマメザクラ | トップページ | 庭のサカハチチョウ »

天城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/45010642

この記事へのトラックバック一覧です: 天城山皮子平のオシダ生き残り:

« 天城山皮子平今年のマメザクラ | トップページ | 庭のサカハチチョウ »