« キタカミトビケラと柄 | トップページ | 伊豆市自然観察ガイドブック(チョウとトンボ編) »

コカツツトビケラの若齢幼虫

Oomadarakagerou Kokatututobikera 体長数ミリのオオマダラカゲロウが見え始めました。今から冬の間に成長を重ねて春には立派な体型に育ち羽化していきます。カゲロウの中では幼虫成虫を通して一番かっこいい存在でしょう。

同じ場所に、これも数ミリのコカクツツトビケラの若齢幼虫がいました。若齢幼虫は砂粒で作った鞘に入っていますが成長すると軽い?落ち葉の装いに変わります。何月頃羽化するかは定かでありませんが春先にもこの若齢幼虫を見たような気がします。年に何回か羽化時期があるのでしょうか?

|

« キタカミトビケラと柄 | トップページ | 伊豆市自然観察ガイドブック(チョウとトンボ編) »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/46323059

この記事へのトラックバック一覧です: コカツツトビケラの若齢幼虫:

« キタカミトビケラと柄 | トップページ | 伊豆市自然観察ガイドブック(チョウとトンボ編) »