« ヤマトビケラ | トップページ | トリカブトが枯れた »

皮子平のマメザクラ

Pict5014 Pict5028 24日は空の状態が怪しい中、皮子平マメザクラのご機嫌伺いにメンバー二人で行ってきました。案の定到着する前からポツリポツリと歓迎を受けたのですがどうにか役目は果たせました。元気なマメザクラの木は色づいた葉を枝に残していましたが弱ったものほど裸になっていました。07年に調査を始めてからなすすべも無く(規制で作業が進まない点もあり)今までが過ぎ気持ちが滅入るばかりです。

皮子平の鹿被害調査のために設置した柵の中では絶えたと思っていた茅が背丈以上に育っていて、食害の壮絶さを身が震えるばかりに感じました。マメザクラは寂しくなりましたが紅葉は写真の通りです。

道すがら猪の大きな落し物を見つけました。写真の通りコントラストもなく危うく足を踏み入れるところでした。

|

« ヤマトビケラ | トップページ | トリカブトが枯れた »

天城山」カテゴリの記事

コメント

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

投稿: 名無し | 2013年1月28日 (月) 17時38分

名無しさん
昔の事を調べていると、お婆さん、又はお爺さん(明治生まれの人)が、庭先まで鹿を追いかけてくるオオカミを見たという証言があるようです。伊豆半島にも住んでいたことは事実だと思います。
居なくなった理由が(人間が鉄砲を持って優位に立ったので、①危険だから捕獲した?②毛皮や肉が欲しかったから捕獲した?③家畜の保護に捕まえた?④狩猟の醍醐味から捕獲した?伝染病で居なくなった?等)今一つわかりません。
たぶんこの地の狼を抹消した理由があると思いますが、何かあったのでしょうか?
その理由によっては元に戻すことも考えられると思いますが・・・

投稿: 和 | 2013年1月28日 (月) 19時03分

和さん 庭先まで姿を現しながら人には襲いかからなかったんですね
狼がいなくなったのは人が狼のことを誤解したから(日本オオカミ協会ホームページのhttp://japan-wolf.org/content/faq/ 参照)

投稿: 名無し | 2013年2月 4日 (月) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/46571123

この記事へのトラックバック一覧です: 皮子平のマメザクラ:

« ヤマトビケラ | トップページ | トリカブトが枯れた »