« トリカブトが枯れた | トップページ | 天城山皮子平の紅葉 »

水生生物羽化の写真を撮ろう

Erumonhirata Higenagakawa  水生生物の観察は夏に行われることが多いのですが、彼らは気温の暖かいときに羽化をする昆虫が大半です。つまり盛夏には殆どが大空飛立っているので、夏休みの観察は留守宅を訪れるようなものです。

 カゲロウは蛹を作らず幼虫から一気に羽化して飛び上がります。エルモンヒラタカゲロウは秋と春の二回羽化しますが、写真の主は11月末の羽化を待っているものです。これからは競って羽化をするのでタイミングが合えば水中羽化の瞬間を写真に収めることも可能です。

 もう一方のヒゲナガカワトビケラは一年中少しずつ羽化を繰り返しています。集中的に羽化をするわけではないのですが、トビケラは完全変態なので蛹化したものを捜せば羽化の写真も撮れるでしょう。

|

« トリカブトが枯れた | トップページ | 天城山皮子平の紅葉 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/46650523

この記事へのトラックバック一覧です: 水生生物羽化の写真を撮ろう:

« トリカブトが枯れた | トップページ | 天城山皮子平の紅葉 »