« 天城山皮子平のマメザクラ | トップページ | ムナグロナガレトビケラ »

大見川の水生生物

Suiseibutu1 Suiseibutu2 地球は「水の惑星」と言われるだけあって、どれだけ降れば雨がなくなるのかと空を見上げてしまいます。でも数学的に言うと地球の水は13億4千万キロリッポウメートルでその97%以上が海水だそうです。直径60cmの地球儀で考えれば、水は牛乳瓶1本、人間が使える清水は1滴分しかありません。

降った雨は河川の汚れ(人間が出したものも)を洗い流して海へと運ぼうとします。そこで水をきれいにしてくれているのが微生物から魚までの水生生物達です。私と共存する大見川上流の水生生物の写真を更新しました。ブログトップからダウンロードして観察会などで使っていただけたら幸いです。無償です。

|

« 天城山皮子平のマメザクラ | トップページ | ムナグロナガレトビケラ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/46835193

この記事へのトラックバック一覧です: 大見川の水生生物:

« 天城山皮子平のマメザクラ | トップページ | ムナグロナガレトビケラ »