« ヒラタカゲロウの亜成虫 | トップページ | ミヤマセセリ »

天城山・皮子平の鹿被害

Pict1670 Pict5779 一昨日、山葵沢の作業を終わろうとしていた時、新聞社の方から突然電話が飛び込んできました。話が天城山・皮子平のマメザクラの話に移り15分ほど盛り上がりました。今朝、なにげなく新聞に目を通すとその内容がコラムに掲載されていて、「壊れた自然を取り戻すのには時間と労力がかかる」と結んでありました。

写真は一昨年鹿の皮剥ぎに遭ったキハダの大木です。キハダはミカン科の植物でアゲハチョウなどの食草となる木ですが、天城山ではかなり見かけることができました。46日に、皮を剥かれた後にキハダの木がどうなっているか気になり足を延ばしましたが、無残にも枯れ果てて倒れるのを待つばかりの姿を確認することになりました。他にも高山で産卵するチョウの食草となるスミレが皮子平から消えてしまいそうです。

|

« ヒラタカゲロウの亜成虫 | トップページ | ミヤマセセリ »

天城山」カテゴリの記事

コメント

鹿対策に狼の導入を! http://japan-wolf.org/content/faq/ 懸念があったら参照

投稿: 名無し | 2013年1月20日 (日) 21時53分

多くの皮を剥がれたキハダが枯れてしまい、葉を餌としていたミヤマカラスアゲハが餓死してしまいます。

投稿: 和さん | 2013年1月21日 (月) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/48098604

この記事へのトラックバック一覧です: 天城山・皮子平の鹿被害:

» 金井英之のあがり症を治す方法 [金井英之のあがり症を治す方法]
人前であがらないようになります [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 11時17分

« ヒラタカゲロウの亜成虫 | トップページ | ミヤマセセリ »