« 皮子平にマメザクラの苗 | トップページ | 天城山・皮子平の鹿被害 »

ヒラタカゲロウの亜成虫

Pict5732 Pict5735 我が家ではトラックの車庫が格好の農作業場となっていて、アンティック風なラジオが一台鎮座しています。

4月2日の夕方、埃にまみれたそのラジオにヒラタカゲロウの亜成虫がとまっていました。亜成虫のステージを持つのはカゲロウだけだそうですが、いろんな姿をしたカゲロウたちがこのステージを踏むのですから不思議です。このヒラタカゲロウがどんな脱皮の仕方をして成虫(たぶんナミヒラタカゲロウ)になるかカメラを持って時々見回りましたが同じ場所から一向に動きません。

ところが、4月4日、脱皮の気配も感じさせなかったのですが突然(1時間の間に)もぬけの殻だけになっていて、成虫の姿を見ることはかないませんでした。それにしても、あの細くて長い尾の先まで上手に脱ぎ捨てて行くのですから感心します。別種のフタスジモンカゲロウの脱皮は何回か目にしたことはありますが、彼らはかなり時間がかかります。

|

« 皮子平にマメザクラの苗 | トップページ | 天城山・皮子平の鹿被害 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/48063954

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラタカゲロウの亜成虫:

« 皮子平にマメザクラの苗 | トップページ | 天城山・皮子平の鹿被害 »