« 庭でミドリヒョウモン | トップページ | 22年度芸能祭の筏バンド写真 »

キボシアシナガバチとナナフシだんご

Pict6971 Pict6980 昨日、目の前のカラムシの葉に、まるで軍隊の攻撃ヘリコプターのように不自然な止まり方をするキボシアシナガバチがやってきました。3回着陸を繰り返した後、4枚目の葉の下に隠れていたナナフシに攻撃をしかけて、たちまち肉団子の製作です。

アカタテハの飛び立つのを楽しみにして庭にカラムシがあるのですが、ここについたチョウの幼虫もことごとく肉団子にされています。家の周りのコアカソで生まれたサカハチチョウの幼虫も同様です。ミツバチが少ないという話を聞きますが、この辺りではキボシアシナガバチが非常に多いように感じます。こんなお天気だからでしょうか?

まだケムシに刺された跡が真っ赤に腫れて痒くてたまりません。特にこの鬱陶しい梅雨の時期ですからイライラがつのります。

|

« 庭でミドリヒョウモン | トップページ | 22年度芸能祭の筏バンド写真 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/48831751

この記事へのトラックバック一覧です: キボシアシナガバチとナナフシだんご:

« 庭でミドリヒョウモン | トップページ | 22年度芸能祭の筏バンド写真 »