« ドウダンツツジの鹿による皮剥ぎ被害 | トップページ | クロコノマチョウの蛹化 »

山田川の水生生物

Pict7976 Pict1427 Pict7876 92日は小学校4年生の子供たちと総勢95名で、三島の山田川上流へ水生生物の観察に行ってきました。現場ではミヤマカワトンボとオニヤンマが飛んでいました。本流は少し水の透明性に欠けるかなと思ったので、湧水と交わるところを調査点に選び子供たちを2班に分けてもらって本流と湧水を別々に観察しました。流石、湧水の方からはカワトンボ・オニヤンマ・コオニヤンマ・ミルンヤンマのヤゴが豊富で驚きましたが、湧水と本流両方からヘビトンボやヒラタカゲロウの指標生物が見つかり、本流も「きれいな川」だということが分かりました。写真はコオニヤンマのヤゴとコオニヤンマ

|

« ドウダンツツジの鹿による皮剥ぎ被害 | トップページ | クロコノマチョウの蛹化 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/49376654

この記事へのトラックバック一覧です: 山田川の水生生物:

« ドウダンツツジの鹿による皮剥ぎ被害 | トップページ | クロコノマチョウの蛹化 »