« 山田川の水生生物 | トップページ | ダイミョウセセリのサナギ »

クロコノマチョウの蛹化

Pict8023 Pict8032 一昨日家の裏でクロコノマチョウの幼虫を見つけました。今年は何時までも夏が暑いためか9月に入ってからの発見で、いつもの年より遅れているようです。幼虫は卵から孵って間もないものから終齢と思われるものまでいます。ところが昨日、その一匹が(他のものは草深く逃走中)前蛹になり始めていました。丁度カメラアングルも良かったのでここで一枚、本日サナギになったところを一枚頂きました。それにしても幼虫からサナギまで鮮やかなグリーンなのに、なぜ成虫になるとあの黒褐色の体に変わるのか理由が分かりません。グリーンのチョウがいてもよさそうなものですが・・・

もうひとつ、幼虫が尾で吊り下がって体を丸めた格好の前蛹が、すべすべの(頭がどこに潜り込んだのか分からない)サナギになるのも不思議です。

|

« 山田川の水生生物 | トップページ | ダイミョウセセリのサナギ »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/49405476

この記事へのトラックバック一覧です: クロコノマチョウの蛹化:

« 山田川の水生生物 | トップページ | ダイミョウセセリのサナギ »