« トリノフンダマシ | トップページ | 秋型のクロコノマチョウとウスイロコマチョウ »

ヘリジロカラスニセノメイガの幼虫

Pict8436 Tonbo 今、ワサビ沢の中にはヘリジロカラスニセノメイガという蛾の幼虫が蔓延していて、それこそワサビに葉が一枚も付いていない状況です。それだけなら我慢もしますが、ワサビの新芽がでる箇所まで食べられてしまっていて育ちそうにありません。青虫ですからチョウか蛾の幼虫には違いないと思いながら調べてきましたが、蛹は見つからない、成虫らしきものも見つからないという状態でした。インターネットでSOSを発信したところ悪虫の種類がやっと判明しました。

判明したところで手の付けようもないし、天敵の出現を待つばかりです。そういえば今年はスジグロシロチョウというワサビの仇敵の姿が少なかったように思います。天敵が現れたのかも・・・

ところで、筏バンドのHPのバンドの写真、チョウの写真、トンボの写真の部分をリニューアルしました。

|

« トリノフンダマシ | トップページ | 秋型のクロコノマチョウとウスイロコマチョウ »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/49852416

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリジロカラスニセノメイガの幼虫:

« トリノフンダマシ | トップページ | 秋型のクロコノマチョウとウスイロコマチョウ »