« 鹿の食害 | トップページ | 天城山の皮子平に近づいたマメザクラ »

秋型のウラギンシジミ

Pict8887Pict8927  庭のミツバツツジの葉に一匹のウラギンシジミが止まっています。最初に見つけたのが1115日でしたからもう一週間も経ちました。このまま動かなくなるのかと思っていましたが、今日は昼過ぎにお日様が当たって気温が上昇したためか、近くの木の葉まで飛び立ったので写真をパチリ。秋型のメスです。暫くすると、夏よりも少し錆びてしまった裏翅の銀色を輝かせてまた空高く飛び立ちました。でも行き着ついた先は元いたミツバツツジの、それも同じ葉です。何事もなかったかのように、飛び立つ前と同じ格好で止まっています。このまま成虫で冬を越すのでしょうか?でもミツバツツジの葉はこの先落葉するはずですが・・・

|

« 鹿の食害 | トップページ | 天城山の皮子平に近づいたマメザクラ »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/50099263

この記事へのトラックバック一覧です: 秋型のウラギンシジミ:

« 鹿の食害 | トップページ | 天城山の皮子平に近づいたマメザクラ »