« 田文連音楽芸能発表会 | トップページ | 伊豆の隠れたお寺 »

フサオナシカワゲラ

Pict9596 Pict9436 今年の1月は寒かったためか、12月に咲き始めたワサビの花が一度姿を消してしまいました。種類によって若干時期が異なり、写真の花は早く咲いたために今は乳母桜です。大半は今から(例年なら既に)咲いて四月ごろまではワサビの圃場が白いお花畑になるでしょう。

ワサビの天敵にオナシカワゲラがいます。群れになって水に浸かった葉を食べたりワサビを食べたりと悪さをします。写真のカワゲラはその中では群れにもならずひっそりとしているタイプで、襟元にリボンを付けたフサオナシカワゲラという種類です。腹側から撮ったのでハッキリしませんが、体長数ミリの小さな体の回りに粘液を出し、周りのゴミ?を纏っています。人間にはゴミに見えますが彼らにとっては大事な隠れ蓑です。

|

« 田文連音楽芸能発表会 | トップページ | 伊豆の隠れたお寺 »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/50827683

この記事へのトラックバック一覧です: フサオナシカワゲラ:

« 田文連音楽芸能発表会 | トップページ | 伊豆の隠れたお寺 »