« キタテハとアカタテハ | トップページ | 白く咲いて赤く散る »

カメノコテントウとウスタビガのマユ

Pict9870 Pict9922 今年の3月は寒かったので、いつまでも冬篭りしていたカメノコテントウを一匹見つけました。小型のテントウムシは集団で冬を越す事が多いですが、大型のカメノコテントウはどうなのでしょうか?

 テントウムシはくさい臭いを出すのであまり好かれないようですが害虫を退治するので大事な存在です。ちなみに、このカメノコはクルミハムシの幼虫を食べます。

 山を歩くとウスタビガのマユが落ちていました。落葉するカエデの葉にしっかりとくくり付けてあったので一緒に落ちてしまったようです。お気の毒に・・・

|

« キタテハとアカタテハ | トップページ | 白く咲いて赤く散る »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/51315409

この記事へのトラックバック一覧です: カメノコテントウとウスタビガのマユ:

« キタテハとアカタテハ | トップページ | 白く咲いて赤く散る »