« 紳士的なキボシアシナガバチ | トップページ | フタスジモンカゲロウの脚 »

カヤで作ったバッタ

Pict1443 Pict1442私の住むこのあたりでは、十五夜お月さんにはかかせないススキのことをマグサとかカヤと呼びます。

萬城の滝観察会の指導員の中にはこの草でバッタを折る人が何人かいて、新聞で紹介されたため自然観察はそっちのけで習いに来る方もいました。それにしても複雑な作業を最初に考えついたのはどんな人だったろうと感心してしまう出来栄えです。

本物のバッタを隣に付けておくと、動き出した本物をみて客人がビックリ。「うわ!こっちは本物だ!」という始末です。

 うまく乾燥させれば黄色い(枯れた)バッタになるというので、家で陰干しをしてみましたが丸まってしまいNGでした。

|

« 紳士的なキボシアシナガバチ | トップページ | フタスジモンカゲロウの脚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても素敵な遊びですね。
純粋に作って楽しんだのでしょうか?
何かの祭事に関わりの有ることなのでしょうか?
何れにしても楽しい手芸で感心しました。

投稿: b_y | 2011年9月 1日 (木) 10時10分

b_yさん。コメントをありがとうございます。
毎年夏休みにいきもの観察会を行っており、草で作ったバッタは参加者(主に子供さん)へのお土産です。
思いがけない土産に喜んでもらえます。

投稿: 和さん | 2011年9月 1日 (木) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/52612646

この記事へのトラックバック一覧です: カヤで作ったバッタ:

« 紳士的なキボシアシナガバチ | トップページ | フタスジモンカゲロウの脚 »