« 儚い命のミヤマセセリ | トップページ | 春のベニシジミ »

アサヒナカワトンボとオオマダラカゲロウの幼虫

Dsc_1134 Dsc_1153 春の羽化シーズン前は川の中がなにやらざわめいている感じ。暫く覗かなかったので行ってみると真冬の川とは見つかるものも違ってきました。すぐにでも羽化できそうな立派に育ったアサヒナカワトンボのヤゴが網の中でのそのそと動いています。そういえばこの辺りはまもなくカワトンボ・サナエトンボがいっぱい飛び回るはずです。種類の同定ができる角度から自然体の写真を撮りたいと願ってはいるものの、お客様はポーズを取ってくれません。今年こそはと願うばかり。

いつも、写真は2枚アップと内心思っているので・・・もう一枚。オオナダラカゲロウはカゲロウの中でもずば抜けて大きい体格です。成虫になってもその姿は大きく均整が取れています。

|

« 儚い命のミヤマセセリ | トップページ | 春のベニシジミ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/54541405

この記事へのトラックバック一覧です: アサヒナカワトンボとオオマダラカゲロウの幼虫:

« 儚い命のミヤマセセリ | トップページ | 春のベニシジミ »