« ロビーコンサート | トップページ | ムカシトンボの羽化 »

初見のベニシジミとツバメシジミ

Dsc_6625 
Dsc_6636春ですね~。チョウの飛ぶ数も増えてきましたが昨日はベニシジミ4頭とツバメシジミ1頭を見つけました。

ベニシジミは春の七草「なずな」(ペンペン草)の小さな花の蜜をおいしそうに夢中で舐めまわしていました。ベニシジミの吸蜜の格好は独特なものがあり、身体を廻しながら花の上部から吸っていきます。この仕草がなんとも可愛らしいものです。

ツバメシジミは1頭でしたが、カメラで追い掛け回すと葉の上には止まらず草むらの影に逃げます。写真はスギナ(ツクシの親)の根元になぜか逆さにしがみついているものです。今年になって既にツバメシジミは目にしていたのかも知れませんが、飛び回っているので他のシジミチョウと区別がつかず記録としては初見です。

|

« ロビーコンサート | トップページ | ムカシトンボの羽化 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/57079379

この記事へのトラックバック一覧です: 初見のベニシジミとツバメシジミ:

« ロビーコンサート | トップページ | ムカシトンボの羽化 »