« アオサギ | トップページ | 萬城の滝のアカシジミ »

ヤマトビケラとフサオナシカワゲラ

Dsc_8247Dsc_8225_2この時期は水生昆虫がほとんど羽化をしてしまい、川の中には夏以降に羽化予定の小さな幼虫がいるだけになってしまいました。(夏休み頃には育ってきますが・・)

今、頑張っているのはなんといってもヤマトビケラです。体より思い石で作った巣を移動するときは引きずって歩きます。写真は正に巣ごと引越しをしている姿ですが人間ではこんな苦労は考えられません。こんな逞しい男性がいたらモテモテのことと思います。

もう一枚の写真は打って変わって優男です。名前はフサオナシカワゲラ。

体についている粘着物質にゴミをまとって胸元にはリボン(名前のフサの由来)をつけています。頭と胸の間にそれらしく見えていますがお腹側からみるとふさふさとしたリボンです。両方とも5mm以下の大きさです。

|

« アオサギ | トップページ | 萬城の滝のアカシジミ »

水生生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/57677812

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトビケラとフサオナシカワゲラ:

« アオサギ | トップページ | 萬城の滝のアカシジミ »