« 25年度萬城の滝「生きものふれあい観察会」 | トップページ | コシアキトンボ »

ダイミョウセセリの羽化

Dsc_8805Dsc_8820庭にトコロとヤマイモ(自然薯)のツルが伸び放題になっています。べつに食べるつもりがあるわけではなく、ダイミョウセセリの幼虫が食べる食草だから大事にしています。

7月19日、トコロの葉を二枚重ねた見慣れた光景が目に入りました。中を覗くとダイミョウセセリが既に幼虫のときを過ぎサナギになっていました。

翌日の朝、萬城の滝観察会にでかける前に見ると、ラッキーにも羽化をしたばかりのダイミョウセセリが葉でできた巣につかまっています。瞬間を見るのもラッキーですが、裏翅を見ることのできたのがさらにラッキーなのです。標本ならいざしらず、自然体はいつも翅を開いて止まっているので裏の模様を見ることができません。羽化体は時間が経つと翅を開いてしまいましたが最初はしっかりと閉じていました。

|

« 25年度萬城の滝「生きものふれあい観察会」 | トップページ | コシアキトンボ »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/57842912

この記事へのトラックバック一覧です: ダイミョウセセリの羽化:

« 25年度萬城の滝「生きものふれあい観察会」 | トップページ | コシアキトンボ »