« オトコエシの花 | トップページ | ルリタテハの悲劇 »

サルトリイバラの黒い卵

Dsc_9648Dsc_9731萬城の滝はルリタテハの数が多くて産み付けられた卵もよく見かけます。今年の夏、1本のサルトリイバラに、他の木とは違って数個の黒い卵が付いていました。形はドーム型で他の黄緑色をしたルリタテハの卵と一緒です。黄緑色の卵から幼虫が孵ると抜けた殻は透明な白い色です。この黒い卵?も幼虫が孵るとそうなるのかな?と観察を続けると、そのうちに、また黒い卵が数個増えていました。どうも生みつけられたとき既に黒いようなのです。いつまで立っても孵化した幼虫が見えないので写真で拡大してみると、中には孵化して抜け殻となった卵があります。しかし色は黒いままで、殻そのものが黒いのかもしれません。足しげく足を運んだのですが、とうとう幼虫の姿を見ることはありませんでした。

一体何だったのだろう?不思議です。

|

« オトコエシの花 | トップページ | ルリタテハの悲劇 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/58388537

この記事へのトラックバック一覧です: サルトリイバラの黒い卵:

« オトコエシの花 | トップページ | ルリタテハの悲劇 »