« ホウネンタワラバチの繭 | トップページ | 秋本番冬近し »

コカマキリ

Dsc_1079Dsc_1153_2コカマキリが「最近獲物がこないな~?」と言っているかどうかは知らないけれど、花の時期もぼつぼつ終わる時期になって寒さが一段となりました。この先寒さが何段階寒くなるのだろうと肩をすぼめてしまいます。

先週113日、束の間の時間が空いたので修善寺の虹の郷に足を運びましたが、丁度「菊祭り」で愛好者の丹精込めた花が飾りつけも見事に咲き誇っていました。ミツバチやハナアブが飛び交っていて、前述のコカマキリがここにいたのならハーレムだったのに。

今年の菊の花はなぜか一段と美しく咲いているような気がしました。通りすがりの妙齢の女性が「いい匂い」と漏らしていました。私も気持ちが落ちつくいい匂いだといつも思っていますが、素直に口に出せない匂いなのかな~と・・・

|

« ホウネンタワラバチの繭 | トップページ | 秋本番冬近し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/58575077

この記事へのトラックバック一覧です: コカマキリ:

« ホウネンタワラバチの繭 | トップページ | 秋本番冬近し »