« マツカレハのマユ | トップページ | ヨツボシモンシデムシとダニ »

ゴマダラカミキリの幼虫

Dsc_1428Dsc_8797今日は筏バンドの新年会で迎えの車を待っている間に思いついた記事をアップという状態です。

夏には3mほどに育っていたイタドリが家の前で12月の寒風にさらされていました。いくら不精の私でも正月前には掃除をしたところですが、なんと枯れたイタドリの茎のなかから写真の数センチもある芋虫みたいの(成虫の写真は夏に撮影)がでてきました。表題のとおり、ゴマダラカミキリの幼虫です。串に刺せば今日の新年会のつまみになったかも知れませんが、見つけてからすぐに風の当たらないところに移動して、今はどこにいることやら分かりません。

すぐ近くにある松ノ木は、ゴマダラカミキリがもたらすセンチュウによる松枯れと、毒蛾のマツカレハの攻撃に相変わらず曝されそうです。

|

« マツカレハのマユ | トップページ | ヨツボシモンシデムシとダニ »

水生物・蝶以外の虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/58967214

この記事へのトラックバック一覧です: ゴマダラカミキリの幼虫:

« マツカレハのマユ | トップページ | ヨツボシモンシデムシとダニ »