« 初見のルリシジミ | トップページ | 萬城の滝管理者が若返り »

タニヒラタカゲロウの成虫

Dsc_2278 Dsc_6673 昨日、萬城の滝でカゲロウ数頭が舞い上がったりスーと降りたり多ければ群飛というのだろうが目を凝らさなければ気がつかない程度であった。大型のカゲロウで今の時期だとタニヒラタカゲロウか?と左手で一匹を手の中に入れた。

カゲロウ殿は何があったのか?と手の上に載って周りを確認しているようだ。種類を後で調べようと、カメラを片手で構えてシャッターを切った。

今日は雨というより春の嵐である。観念してPCの整理をしようと、先ず昨日の写真を開いてみるとカゲロウがそれなりに写っていた。

今の時期は小鳥たちが番う時期で相手を求めて呼ぶ声が賑やかである。ホオジロが高らかに(写真では聞こえないが)鳴いている写真がでてきた。昨年の4月4日のものである。

|

« 初見のルリシジミ | トップページ | 萬城の滝管理者が若返り »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事