« 今年初見のテングチョウ | トップページ | 初見のルリシジミ »

春を待っていたタテハチョウ

Dsc_2228 Dsc_2244  昨日22日、家の入り口にある河津桜にアカタテハが来ていた。タテハチョウにしては珍しくサクラの蜜を吸っているように見える。12月の24日にアカタテハが家の軒下を飛んでいたが、同じチョウが冬眠から目覚めたのか?我が家の周りはアカタテハの数が多い場所である。

「そうだ、もうルリタテハが出るころだ」と今日、いつも最初に目にする場所に出かけた。枯れた草を掻き分けて小川の石を覗くと「残念!時間が早すぎた」。西に開いているその場所はまだ日差しが差していなかった。毎年この石で見るのが初見である。少し歩くとテングチョウが足を進めるたびに舞い上がってはこちらを向いて道端に止まる。またテングかと目を凝らすとキタテハであった。

|

« 今年初見のテングチョウ | トップページ | 初見のルリシジミ »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事