« 萬城の滝管理者が若返り | トップページ | 皮子平のマメザクラ »

国立遺伝学研究所のサクラ見物

Dsc_2328 Dsc_2332 世間はさくら、サクラ、桜。45日に急に思い立って行ってきたのは、国立遺伝学研究所の桜見物。

毎年一年にこの日、一日だけ研究所の中に入れて色々なサクラを見物できるのです。三島駅からシャトルバスの12号車に乗って(聞くと12台がピストン輸送をして、私が乗ったのは3回目の往復とのこと)10分くらいの移動で到着。植えてあるサクラの種類は約250本あり、どれもが手入れされているのか自分が一番だと咲き誇っている感じさえあり、見ごたえ抜群です。一昨年来たときはサクラの大木にコゲラ(キツツキの仲間)が来てドラム演奏までしてくれました。今年はモンシロチョウとキアゲハの歓迎でした。

掲載の写真は小花をつけている枝垂桜風とこれでもサクラかと言いたくなるコテマリ風のサクラ。

|

« 萬城の滝管理者が若返り | トップページ | 皮子平のマメザクラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事