« イトトンボ | トップページ | ゲンジボタル »

ミヤマハンミョウとミヤマカワトンボ

Dsc_2963Dsc_3507山の中といっても間違いはない我が家の周りにはミヤマ(深山)と名のつく生きものがかなりいる。家を出てすぐ前に渓流が流れていて、そこではハンミョウが飛び交っているのだが、その中に混じってミヤマハンミョウがいた。色の鮮やかなハンミョウと違って黒をベースとした質素な色調は威厳さえ感ずるほどだが、同じ様に大きな鋭い牙の持ち主だ。咬まれたSさん曰く痺れるように痛かったというが、毒を持っているということは聞いたことが無いのでそれだけ頑強な牙だと思う。

この場所ではミヤマカワトンボも優雅に日向ぼっこをしていて、カメラを向けるとポーズをとってくれる(のでもないが、時おり翅を開く)ので近くに座り込んでそのときを待つのである。

|

« イトトンボ | トップページ | ゲンジボタル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事