« ヒメクロサナエの羽化 | トップページ | 皮子平のマメザクラ »

皮子平のマメザクラは見ごろ

Dsc_2776 Dsc_2822 鍵の掛かっているゲートから8km林道沿いに進み、更に山の中へ2km進む。早速出迎えてくれたのはリス、そして雌鹿。やけにカケスが目に付く。更に進むと鹿の屍。既に肉は剥ぎ取られ頭と背骨と後ろ足が1本残っているだけだが異臭が鼻を突く。絶えた場所からここまで何者かが運んだらしい。

皮子平に着くとマメザクラは丁度見ごろ。まだつぼみだけの樹もあり、あと数日は楽しめそうである。どのマメザクラもうつむいて(麓のサクラと比べて)女性らしくおしとやかである。とにかく個体変異を調べるために写真を取り捲った。

帰り道に会ったのがアズマヒキガエル(美男の称号とか)。最後にはリスが見送ってくれた。

|

« ヒメクロサナエの羽化 | トップページ | 皮子平のマメザクラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事