« クロアゲハとウラギンヒョウモン | トップページ | アオオビハエトリ »

川床改修でいなくなるアオハダトンボ

Dsc_8323Dsc_3906アオハダトンボは2012年に絶滅の危惧があるとして第四次レッドリストに掲載されたトンボである。コロニーを作り遠くまで飛翔することがないとされるトンボで、川床の改修などによってコロニー単位で消滅するのである。

ところで、全長6.2kmしかない山田川の一部が20133月までアオハダトンボの隠れた生息地であったのをごぞんじだろうか?今年もアオハダトンボの観察ができると思い、本日(5月29日)カメラ片手に勇んで出かけたしだいである。現場について我が目を疑った。川底がきれいに改修され、大きな石も見当たらず、河川両側の堤防の間を水がさらさらと流れているのだ。戸惑った。ヤゴの住む場所がない!ゲンジボタルがサナギになる場所が無い!(アオハダトンボは去年撮影;♀の産卵を見守るアオハダトンボの♂)

|

« クロアゲハとウラギンヒョウモン | トップページ | アオオビハエトリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事