« サカハチチョウ | トップページ | ムシヒキアブ »

ミズイロオナガシジミ

Dsc_4497Dsc_4516萬城の滝の周辺は昔開墾地帯であったことを髣髴させる光景がいたるところにある。中でも大きく育ったクヌギの木の間にあるお茶の木は、ここが昔は大きなお茶の栽培場だったことを想い起こさせる。シイタケが全盛の頃お茶からクヌギやコナラに植え替えられたのだろうが、後にシイタケが外国産に押されて原木を切ることも無く大きく育ってしまった。

チョウの愛好家はゼフィルスと言うのだそうだが、ここにアカシジミ、ウラナミアカシジミ、そして写真のミズイロオナガシジミが生息する。気品のある美しい森の妖精たちである。ミズイロオナガシジミは最近見かけたものである。ストーカーまがいに追いかけると一緒に遊んでくれるのが嬉しい。

|

« サカハチチョウ | トップページ | ムシヒキアブ »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事