« 森の勉強会 | トップページ | ジョービタキの♂ »

オオマダラカゲロウ

Dsc_7052Dsc_7055この辺りにはトゲマダラカゲロウ属はオオマダラカゲロウしかいない(他はまだ見ていない)ので、写真のようなカゲロウを見つけたときはほぼ間違いなくオオマダラカゲロウである。それでも同定に不安があれば頭の2本の角が証拠になる。もともと体色については個体差がありバラエティーに富んでいるが、写真の2匹について肩のトゲの数が異なっているのも個体差だろうか?調べても結論が出なかった。

オオマダラカゲロウは春から初夏にかけて羽化をするので水中の幼虫はこれから20mmほどの最高の大きさになる。肉食のためか胸の厚みも他のカゲロウよりずば抜けて厚くて立派な体格である。

|

« 森の勉強会 | トップページ | ジョービタキの♂ »

水生生物」カテゴリの記事